☆ なんちゃら かんちゃら ☆ 333169

▲TOP あのー, ココって,どんな掲示板なんですかぁ?
ココをつくった私 (飯山一郎) にも サパーリ 分かりません.
どんな掲示板にするか?  それは,あなたが決めてくださいな.
なんちゃら かんちゃら 好きな事を書けばE~んじゃないですかぁ  (^_^;

飯山一郎の古代史  北朝鮮の写真 ビビンバ!北朝鮮! 金王朝の深い謎  『放知技』へ


福島vs日本 日本vs国際連合

1:あすな郎 :

2011/09/28 (Wed) 08:10:47

host:
 最近、福島製品のボイコットが続いている。これをマスコミは風評被害だと非難し、ボイコットした地域の首長が福島県へ出向いて謝罪させられたりしている。だが、事の本質は福島県の横暴に対して日本中が我慢の限界を超え、怒りが爆発し始めたことに他ならない。「福島なめんなよ」と。
 そもそも野田総理の「福島の再生なくして日本の再生なし」とはどういう意味か?岩手や宮城は再生しなくてよいと言うことか?福島の放射性物質を沖縄や北海道をはじめとする全国各地に運んで捨てることか?ちなみに一貫した福島県知事の傲慢な態度は何か?福島県さえよければ他の都道府県はどうなってもよいのか?これが今の日本国民の心に渦巻く怨念だ。
 福島県から他県へ避難した人や福島県出身者はこれから大変だ。激しく差別されるだろう。これを回避するには福島県知事一族少なくとも六親等を処刑し、福島県内の全ての公務員を処刑して日本の他県に対して「今までの態度は福島県の県民の本意ではない」ことを示すしかないが、まあ実現はあり得ないな。
 さて、ドイツやイタリアがいち早く脱原発を国際的に公表したのは、彼らが国際連合の敵国条項の該当国だからだ。「我々は原爆を作る意図は全くない。連合軍(国際連合)に戦争を挑む気は全くない。」と示した。ところが、同じ敵国条項該当国の日本はこの逆を行っている。「原発は止めません。」この原発については朝まで生テレビで日本原子力技術協会最高顧問・石川迪夫氏が「原発推進は原爆の仇のため」と明言したが、ここに日本が高コストの原発を推進した理由が明らかになったといえる。一つは原爆製造のためであり、もう一つは日本を核地雷である原発で囲むためだ。原発が震度5で壊れるとの非難があるが、壊れるのは当然で、簡単に爆発してくれなければ地雷の意味がない。それでは日本人も巻き込まれるのではとの疑問があるが、今日の日本の支配層は地方人(民間人)が何千万人死のうとも気にならないのである。まさに戦前の支配体制回帰だ。日本の支配層は米国の支持を取っているのだから国際連合に敵視されることはないと高を括っているが、米国の日本に対する対応の基本はリベンジ(復讐)であって、日本が滅亡しても少しも痛痒を感じないことを失念している。
 では、敵の敵は味方として、福島は国際連合の味方なのかと言えば、そんなことはないと一目で分かるだろう。
4:あすな郎 :

2011/09/28 (Wed) 08:30:32

host:
 そういえば、NHKが日本赤十字に集められた義捐金が被災者に配分されていないと特集を組んでいた。「集められた義捐金3千億円のうち、未だ1千億円が配分されていません。」としてコメンテーターらが驚いていた。「まだ1千億も配分されていないのか」と。だが、これは作られたもので本当に驚くべきは「被災者に全く配分されていないのに既に2千億円が消えた」ことに対するものであるべきなのだ。
 そもそも、日本赤十字はナイチンゲールとは全く関係がない。その出自は731部隊である。庶民から金を集めて、一部のエグゼクティブのために使うためにある。日赤病院へ行けば分かるが、かなりのレベルの医者の紹介状がなければまともな医療行為は受けられない。かつて日赤の産婦人科がもてはやされたが、あれはエグゼクティブしか入院できないからである。日赤の参院で出産したことが社会的ステータスの証明になるからである。毎年献血で数名の方が亡くなっているが、あまり大きく報道されることがない。献血者はボランティアだとして極めて横柄に取り扱われた苦い経験をお持ちの方も少なくないだろう。この血液は極めて高値で販売されている。この輸血から管理の不足で様々なウイルスなどの感染が広まっている。まさに闇の血液ビジネスである。この怪しげな組織が莫大な義捐金を扱っている。
 被災者は義捐金が少ないといって騒いでいるのではない。なぜなら、彼らは分母(被災者数)も分子(義捐金総額)も按分方法も分からないからだ。「本来なら300万円もらえるのに、200万円しかもらっていない」と行っているのではない。全くもらっていないのだ。
3:カラスその99 :

2011/09/30 (Fri) 07:56:32

host:
昨夜あたりから(?)コメント投稿に支障があるようなので、とりあえず手短かに一言だけ…。

昨夕7時ころ、フクシマ事故サイトの近くを震源にM6近い地震の強い揺れ(震度5強)が発生し、サイトでは火事(?)ないし照明に浮かび上がるキリも発生したらしい。

何しろ、「チャイナ・シンドローム」状態の核燃料を半年も放置して来たテプコと日本政府では、そんな危ない状態が再浮上して来ても当然の結末…。
多くの(頭の正常な)専門家が警告していたように、地下水と地下にもぐった核燃料が反応して蒸気を吹き出し、また強い放射能汚染を再開する恐れもありますね。

地震のあとは余震が続いており、監視態勢も必要ですね…。
半年前、アメリカが教え諭してくれたことに感謝して原子炉冷却剤を使わせてもらっていれば、汚染はもう当の昔に止まっていたし、石棺建設も進んでいたろうし、日本国民が改めて科学に基づく技術(藤原肇博士が前からそう話してますが、原発礼賛派とは無縁の科学の世界です)を学ぶキッカケにもなっていたはず。

残がいとして残った核燃料も、恐らく乳酸菌・光合成菌を投入して(ガラス・セメントの固化という次元でなく)本質的な意味での「最終処理」と浄化の新しい次元も拓かれていたでしょう。
しかし、それすら出来ない無能者ばかりの菅政権なるものが存在していたがため、また「ゲンパツ・ロウドウシャ」が大量投入され、また彼らの給与ピンはねが横行し、そしてそれをドイツ屈指の政治スキャンダル・ハンター「シュピーゲル」誌(同サイト・21日付「A VISIT TO J-VILLAGE」)が世界に向けて暴露するはこびとなった有様です。

シュピーゲルがそういう日本的経営に染み付いた「闇の」(SHADOWY)組織的な犯罪行為をあえて暴露したからには、もう日本は将来「原子力先進国」を自称することは不可能になったと観念する必要がありますが…、あの野田や枝野や細野にそんな決断力はないでしょうね。(爆)
こうして、ゲンパツ・ロウドウシャが犠牲になるばかりでなく、一般国民も犠牲になるがまま今も汚染が拡大し続け、原子力という非科学的「破綻」が続いて行く始末…。

世界中にゲンパツ・ロウドウシャの給与ピンはねを暴露されてしまいましたが、日本の「原子力」業界とやらは、まこと恥さらしですね。
原発労働者は、欧米先進国でも旧ソ連でも、高給で休日が多い職業ということになっているわけですから…どこの国に人様の給与をピンはねして「先端技術」を自称している業界があるのかなあ?(爆)
この期に及んでも、それを改めなかった日本的経営の「原子力」は、経営としてもう終わった、存続はあり得ないと言うしかないですね。

この後、フクシマ事故サイトで地下からの汚染物質噴出がまた始まった時は、野太鼓(野田)は首相としての「聖断」を下し、アメリカに頭を下げて原子炉冷却剤をいただくことが出来るのか?
『日本沈没』にもそういう結末がありましたが、頭を下げて国民を守るのが真の国のリーダーの下すべき「決断」ですね。
…原子力産業という名の「利権」(ピンはね利権が中心の)を温存するために日本全土を汚染した閣僚と官僚の責任は今こそ重大です。

テプコや政府・自治体の大本営発表は、しょせんPRであり欺瞞情報…今後ともまだまだ成り行きに注目しなければならない時が続きそうです。
十分に注意し汚染物質の放出は監視して行きましょう。

ただし、飯山翁にはここらで少し休息もとって頂きたいです…。やがて中国のように経済力の余裕がある国の力も借りねばならなくなるでしょうから、飯山翁の出番がまだまだあるわけですし。

あまり見えなくなったスズメやカラスが、放射能から避難して山の中のどこか汚染の少ないところで休んでいると良いですね。
鳥は、ナビゲーションのため電磁波を感知する部位が脳にあるということなので、放射能をあらかじめ感知して避難してしまったものと思いたいです。
しかし、もしスズメなど小鳥の死体を大量に発見したりしたら、それもまた報告するつもりです。
2:なかがわ :

2012/01/22 (Sun) 13:40:55

host:
http://grnba.com/iiyama/
上記URLをいつもチェックしてます。
ありがとうございます。
ただ最近、拉致に関するニュース音声が自動的に流れています。
音声を切りたいのですが、
どうしたらよいでしょうか?
なかがわ 拝。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.